あまり知られていないキトサンサプリ選びのコツを伝授します

キトサン博士
キトサンの原料カニとイカ
キトサンサプリを配合量で徹底比較!

原料による効果の違い

キトサンには、カニ殻から取れるもの、イカから取れるものなど原料別に違いがあることをご存知ですか? 種類の違いによって成分の内容や効果が異なるのかどうか、解説していきたいと思います。

キトサンには原料別に3種類あり!

キトサンと聞くと、カニの殻を原料としたものをイメージされる方が多いと思います。

実際に、カニ殻から抽出されるキトサンを使用したサプリメント商品がたくさん出回っていますから、最も一般的だと言えますね。

しかし、キトサンの中にはカニ以外の原料から抽出されるものがあり、成分自体も少し違いがあるようです。原料の違いにより、「α(アルファ)型」と「β(ベータ)型」、「γ(ガンマ)型」というように分類される3種類が確認されているそうなので、その3つの違いについてご紹介しましょう。

カニやエビの殻から取れる“α型”

カニ イラスト 画像α型のキトサンは、主にカニの殻を原料としているもので、「カニキトサン」と呼ばれることもあります。カニのほかにエビの殻、キノコ、昆虫などにも含まれているそうで、最も多く確認されているものです。一般的にキトサンと呼ばれるのは、このα型であることが多いですね。

α型は、原材料が自然界に多く存在しているとして、たくさんのサプリメントの材料として使われ、最も安価で手に入りやすい普及版のキトサンです。しかし、効果や効能が劣る訳ではなく、十分にその健康効果を得ることができます

イカの中骨から取れる“β型”

イカ イラスト 画像真イカなどの胴体にある筋(軟骨のようなもの)から抽出されるキトサンはβ型と言われています。原材料からも分かるように、元々ごくわずかしが存在していない上に、材料の流通数が極端に少ないので、とても珍しいキトサンです。

α型よりも人体への親和性が高いこと、繊維質が強いという特徴があり、医療用の縫合糸やシートにも使われているそうです。

ただ、原料の流通数が少ないということがネックで、あまり一般的ではありません。サプリメントの中には、特にこのイカを原料とするキトサンを、「イカキトサン」として謳って販売している商品もあります。

αとβの混合タイプ“γ型”

γ型のキトサンは、イカの胃の中で検出される珍しいタイプのキトサン。成分としては、α型とβ型が混在したようなものだそうです。

こちらのγ型は、存在していることが確認されているだけで、原材料が少ないことを理由に、ほとんど製品化されていません

 
 
 
健康にもダイエットにも効果花マル!キトサン調査隊