あまり知られていないキトサンサプリ選びのコツを伝授します

キトサン博士
キトサンの原料カニとイカ
キトサンサプリを配合量で徹底比較!

副作用はないの?

キトサンは薬ではなく、健康食品ですから命を脅かすような重大な副作用は考えられません。

しかし、服用の際に注意が必要な場合もありますので、しっかりと確認しておきましょう。 

カニ・エビにアレルギーのある方はNG!

かゆいイラスト 画像キトサンの多くは、カニやエビの殻を原料として抽出されています。当然ですが、原料となるカニやエビを摂取するとアレルギー反応を起こしてしまう体質の方には、絶対におすすめできません。

カニやエビなどを食べただけで口や手などの皮膚がかゆくなり、じんましんが出てしまうという甲殻類アレルギー。実は、成人の食物アレルギーの中でもかなり数が多いと言われているアレルギーで、60~70人に1人の割合で発現するそう。

アレルギーの原因物質は、カニやエビの筋肉に含まれているタンパク質、トロポミオシンと言われていますが、カニの身を食べないからと言ってアレルギーの可能性がないわけではありません。カニ殻を原料とするキトサンの摂取も避けた方が無難です。 

キトサンの好転反応についても知っておこう

かゆい人 イラスト 画像キトサンを飲み始めると、不快な症状が出ることがあります。身体がキトサンの効果によって生体機能を正常に機能させようと調整を始め、これまで悪い状態で慣れてしまっていた身体は一時的に拒絶反応を起こしてしまうのです。この反応は、東洋医学の考え方によると『好転反応』と言い、症状が改善される前のシグナルなのです。薬を摂取した時に出る、副作用とは全く別のものであることを認識してください。

キトサンを服用することによる好転反応として挙げられているのは、以下のような症状です。

  • 下痢または便秘
  • 湿疹、吹き出物、目やに
  • 目の充血
  • 発熱、吐き気、腹痛
  • 倦怠感、だるさ、眠気

服用後にこのような症状を感じた方こそ、継続して摂取することをお勧めしますよ。気になる症状は数日でおさまることが多いので、服用する量を半分に減らしたり、一時的に服用を止めるなど症状に応じて対処し、症状が治まったら徐々に服用量を元に戻して行くことをお勧めします。

いずれにしても、身体が改善へと向かっている兆しでもありますので、心配しすぎないように症状を見守りましょう。 

 
 
 
健康にもダイエットにも効果花マル!キトサン調査隊