あまり知られていないキトサンサプリ選びのコツを伝授します

キトサン博士
キトサンの原料カニとイカ
キトサンサプリを配合量で徹底比較!

高分子・低分子どっちがいい?

キトサンのサプリメントは様々な種類が販売されています。その中で、『高分子キトサン』、『低分子キトサン』、『水溶性キトサン』と表記されている場合があるのをご存知ですか?

高分子や低分子の意味や違い、どちらを選ぶべきかなど、キトサンサプリの選択法について考えてみたいと思います。

高分子キトサンの特徴

カニのイラスト画像 カニやエビの殻などから抽出され、生成されたままのキトサンは、すべて高分子キトサンと呼ばれるものです。高分子とは、分子量が高い(大きい)という意味で、イメージで言うと“粒の大きいキトサン”といった表現が分かりやすいでしょうか。

この高分子キトサンこそ、本来のキトサンの持つ効能・効果を最大限に発揮されると証されています。また、この分子量も高ければ高い程(100万分子以上)よいとされているようです。

低分子キトサンの特徴

低分子キトサンは、高分子キトサンをさらに加工して分子の結合を分解したもの。小さな分子に分けたものが低分子キトサンです。“粒の小さなキトサン”とイメージすると分かりやすいですね。

よく低分子キトサンで水に溶けるから体内に吸収されると謳われていますが、その考え方は大きな間違いです。基本、キトサンの持つ機能は低分子・水溶性では低下してしまうようです。しかし、超低分子のキトサンオリゴ糖レベル(分子量2000分子以下)になると、NK細胞への活性化効果など機能性を認められている部分もあるようです。低分子を全て良くないとは思いませんが、中途半端な分子量の物は避けるべきでしょう

どちらも一緒に摂取するのが理想的!

高分子・超低分子それぞれのメリットがありますから、どちらかだけを選んで摂取するよりは、両方を摂取した方が幅広い効果が得られるのでおすすめです。

できれば一度両方のキトサンを摂取してみて、ご自身の体調の変化や効果の出方を確認してみても良いでしょう。

医者達 イラスト 画像さらに、キトサンのサプリメント商品の中には、高分子キトサンと超低分子のキトサンオリゴ糖とを一緒に配合しているものもあります。

そのようなサプリメントなら、一度に両方のキトサンを摂取できますから、効率良くキトサンの健康パワーを実感したいという方は、高分子と低分子の両方のキトサンが同時に配合されている商品を選ぶ、というのが大きなポイントとなります。

 
 
 
健康にもダイエットにも効果花マル!キトサン調査隊